新着イベント
子供を育てる環境

結婚するという事は、恋人と家族になるという醍醐味があります。

しかし、それ以上に自分の遺伝子を、自分の子孫を残すという目的もあります。

そのため、子育てというのは重要になります。過干渉過ぎても自立できない子供になりますし、干渉しないと愛情を見失う子供になってしまいます。

子育てというのは、大変なことです。

そうした中で、子供が自分から学習しやすい環境を作らなくてはいけません。

家庭の雰囲気で勉強のする、しないが決まるからです。それは結婚生活における親の態度で変わります。

例えば、一方的に余暇の時間を全て勉強に当てさせるというのも一つの手ですが、

それで結果が出なかった時のリバウンドは非常に高いものとなります。

不良になったり、ひきこもりになったりする可能性が高くなります。

だからと言って、放置しておくと、「親の愛情を感じたことがない」という話になります。

最も、最適な結婚生活は、「褒めることを恥ずかしがらないようにする」ことです。

夫婦とは言っても、他人です。同じ人間にはなれません。

そうした中で、夫や妻を褒めたり、子供を褒めたりすることは、一種の恥として受け入れられる結婚生活になってしまいがちです。

子供の前で「愛している」なんて言うのは、性的虐待のボーダーラインに乗るかもしれませんが、お互いに尊重し合い、褒め合えるような結婚生活をおくれば、子育ても順調にいくでしょう。

 子供が勉強しろと言われても勉強しないのは、勉強しても褒められることがないからです。何をしても褒められない。そんな人生だと子供の心も歪んでしまいます。

「ぜひ子供には色んな褒める言葉を見つけて差し上げてください。」

そうすれば、子供は自分から伸びていきます。

塾などに通わせるのもいいですが、結婚生活の中で自立して教育していくのが一番の理想です。

そして、結婚をした以上、その理想を作る努力をしなければいけません。

更には間違った努力をしないように、きちんと芯を持って行動しましょう。

そうした結婚生活を送れば、子供が自然に育っていきます。